面接でマイナスの印象にならずに質問する

スポンダードリンク

面接で確認質問する時にはマイナスの印象を与えないようにに注意しましょう。

給与や労働条件や社会保険など、面接で「待遇条件」を確認すると印象が悪いと思うかもしれませんが、応募者にとってはそれらを確認することも面接の目的です。

「待遇条件」を確認するときにマイナスの印象を防ぐようにしましょう。

面接でマイナスの印象にならないためにも、“聞き方”と“タイミング”に注意する必要があります。




上手に「待遇条件」を質問する

タイミングが大事!

やってはいけない例として、スタート早々に聞きたいことを連発することです。まずは会社の説明を聞いて、その上で切り出すタイミングを計りましょう。

給与や勤務時間、休日などの労働条件の重要事項は、こちらから聞かなくても会社から一通りの説明されることが普通です。

面接開始したとたんに「〇〇はありますか?」「〇〇どうなってますか?」「〇〇できますか?」などと焦って質問をすることは、絶対にNGです。

まずは会社の話をよく聞き、その後に不明点だけを尋ねれば、質問の数の少なく、悪い印象を与えずにすみます。

働く意欲がある上での質問をする

前振りもなく、本音の疑問をズバリと聞くのもマイナスに捉えられます。働く意欲や心構えがあるからこそ、聞きたいと伝えることが必要。

「ノルマはあるのか」「残業はあるのか」など、業務の実体も気になるでしょうが、本音でズバズバ質問すると、仕事姿勢を疑われたり、肝心の回答も得られないなんてこともあります。マイナスの印象にしかなりません。、

例えば「不慣れな分、残業してもカバーするつもりです。通常、皆さんはどれくらいの残業をされているのですか?」といった感じで、前振りを入れて働く意欲を表わしつつに尋ねれば、マイナスではなくプラスの印象になります。

自分の事情による確認だと表現する

会社への不信感を漏らすのもNGです。

「経営は大丈夫ですか?」なんて尋ねれば、それならば応募しなくて結構…と思われてしまうでしょう。

ほかにも「社会保険完備とありましたが、本当に入れますか?」など、労働関係の法律で定められている事項の確認も注意が必要です。

そのことが気になっている“自分の側の事情”を添えて、会社への不信感と思わせないように聞くようにしましょう。

希望条項はお願いする姿勢で!

自分勝手の希望を告げるだけでなく、希望を述べる時は、お願いをするという姿勢で話しようにしましょう。

「配属は〇〇支店希望です」んはんて、単刀直入に告げるのはよくありません。応募先企業の予定と違えば、採否の結果は出たも同然でしょう。

配属先や勤務条件の希望は、面接担当者の納得が得られる事情も伝え、「希望を考慮していただけるでしょうか」「調整をお願いできるでしょうか」といったように尋ねれば、印象もよく、希望を聞いてもらえるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする