面接でライバルと差をつける自己PRの対策

スポンダードリンク

ライバルと差をつける自己PRの対策をしっかりやろう。

面接で、ライバルが多い中で決め手にかけてしまい、結局は落とされてしまうなんて経験はありませんか?しっかりと対策をしてライバルと差をつけましょう。

応募者の実力レベルは肉薄していることが普通です。実力だけでなく、プラスアルファとなる対策を行い、効果的な自己PRを工夫する必要があります。




具体的な自己PR対策

具体的に自己PRの対策は以下のことを心がけたいところ。

・応募先で役立つ知識を習得しておくこと!

・スキルアップの自己投資実績を示す!

・短期習得可能なライセンスでアピール!

・志望業界の現状をキャッチ!

・応募先の商材を利用し、特色やしくみを把握!

応募先で役立つ知識を習得しておくこと!

必須の応募条件でなくとも、求人情報に「〇〇できる方歓迎」などがあれば、応募先がそれを求めていることは明らかでしょう。

もしも、その知識がなかったとしても、たとえば入門書の1冊でも読んでおくようにしておくとライバルに差がつけられます。

面接で訪ねられたり、自己PRしたりする際に、「これから勉強します」と述べるのと、「求人広告の記述を拝見し、書籍で初歩的な知識を習得しました」と述べるのでは評価が大違いでしょう。入門書に限らず、ネットなどで調べるというのも有りです。

スキルアップの自己投資実績を示す!

経験不足などで他の応募者にスキル面で劣っていると感じるならば、手軽な短期コースでも構わないので「講座」「講習」の受講がおすすめです。

それで差は埋まらないとしても、スキルアップへの努力の実績はもちろん、「受講した」という自己投資の実績ができます。

これは独学でスキルを習得したという以上のインパクトを与えるもので、とくに教育研修を前提に未経験者の受け入れを考えている企業には、意欲の裏付けとして説得力を発揮することでしょう。

短期習得可能なライセンスでアピール!

応募先の業務に関連した未収得の技能認定などで、短期で習得可能なものがあれば積極的にチャレンジしていきましょう。

業務に直結するものならば速攻のアピール効果があるほか、自己PRの裏付けとしても活用できます。

応募書類提出したときにはなかったライセンスや資格の習得、あるいはTOEICの点数アップなどの事実を面接のときに示すことで、入社意欲や自己啓発意欲、目標意識などを伝えられる材料となります。

具体的に資格を得るならば、イーパスの「資格スクール特集」や、資料請求無料で 一人ひとりの人生に、学びで発見、感動を。
これからも、がくぶんはよりよい人生の力になる通信講座を提供してまいります。 さまざまなライセンが取れる通信教育の「がくぶん」などがあります。



働きながら資格取得やスキルアップを目指せる! 未経験からの転職や、職場でスキルアップ&キャリアアップ、独立開業などの目的がある人におすすめ!


一人ひとりの人生に、学びで発見、感動を。
これからも、がくぶんはよりよい人生の力になる通信講座を提供してまいります。 講座のガイドブックは無料。

また、自宅で学べるプログラムなら「オンラインスクールCodeCamp」やWEB関連の「オンラインブートキャンプ」などもあります。

それぞれ応募先に関連した技能を取っておくと有利です。

志望業界の現状をキャッチ!

応募する企業の事業内容によっては、自社の展示場やショールームがあったり、複数の業界企業による展示会や見本市なども頻繁に開催されていたりします。

それらを巡れば、応募先企業の特色はもちろんのこと、志望業界の現状や競合企業の実態なども把握できます。

そこで体験したことは自己PRにも生かせます。さらに「見て回った」ということ自体が意欲と行動力のアピールにもなります。

応募先の商材を利用し、特色やしくみを把握!

応募先の事業であるサービスや商品を、自分が客として利用することが可能ならば、試しておくのも基本でしょう。

そのビジネスの仕組み、商品の特長、料金、利用して感じたことや問題点を把握することで、資料だけでイメージしたり評判を知るのとはが大違いです。事業内容の理解が深まり、入社後の自分の役割や貢献目標もより明確になるでしょう。

そこを軸に置いて、他の応募者とは違った自分なりにアピールがしやすくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする