面接の流れを把握し、自己PRや質問をする

スポンダードリンク

自分なりの流れを組み立てて面接を受ける。

面接では書類では伝わらない自分の良さを知ってもらうチャンスでもあります。他の応募者と比較して、経験・スキルに見劣りがあったとしても、マッチングの総合評価で採用枠に入る人も少なくありません。

逆に考えれば、完璧な面接と正確な評価判断のもとに採用された会社は応募者にとっても働きやすいでしょう。しかし、そんな面接や評価判断は、選任のベテラン面接担当者や人事コンサルトであろうと容易では無いでしょう。

しかも、応募先の会社がよっぽどの大手でない限りは、選任の面接担当者や専門家はいないのが普通です。

つまり、よくある面接の流れを参考にし、自分なりにアピールしたり確認のタイミングをかんがえておくことが大切です。

応募者が面接をコントロールすることは難しいですが、会話は双方の言葉のキャッチボールです。少し注意するだけ、質疑応答が脇道に逸れることは防げるし、自分なりに組み立てれるようになれます。




面接の流れを掴もう

一般的な面接の流れは以下のようなものです。

入室

挨拶や氏名の確認などが行われます。身だしなみ、立ち振る舞い、マナーが見られます。
開始 応募者の緊張をほぐすように、会社までの利用路線などを尋ねたり軽い話題から。会話のキャッチボールができるかなど人柄が見られます。
能力の確認 全色の業務内容などを尋ね、職務能力を確認されます。職歴やスキルや実務経験の内容やレベルなどで、能力の有無を見られます。
適性の確認 志望動機や前職の退職理由などを尋ね、仕事や会社の姿勢を判断。

将来の目標・意欲を見て、貢献できるか職場の相性を見られます。

会社の説明 面接担当者から、会社概要や具体的な仕事内容、就業条件などの説明があります。
勤務対応の確認 残業や出張や休日などといった、勤務する上での具体的な対応や条件などの確認があります。
給与の説明 面接の終盤になると給与についての説明・確認があります。

給与水準が折り合うかどうか確認。面接後の場合もあります。

質問 質問があるかどうか聞かれます。疑問に思ったことを聞き、就業意欲を見せるPRにしましょう。マイナスにならない質問もチェック!
面接終了 面接結果の連絡方法や時期や後の選考手順について説明があります。

もしも説明がなかったら必ず聞きましょう。

退室 面接終了しあいさつ。退室する時は、最後の姿がお尻向きにならないよう、必ずドアに向く直して閉めましょう。

一般的な面接の流れを掴んで、自己PRと質問のタイミングをはかるようにしたいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする