応募書類をもう一度見直して自分をチェック!

スポンダードリンク

面接の前に、提出済みの応募書類に目を通そう!

面接準備として忘れてはいけないことは、応募企業に提出した「履歴書」「職務経歴書」の控えを読みなおしておくことです。

面接担当者も、これから直に会う応募者の書類は改めて目を通します。事前に本人に確認すべき内容をピックアップして抽出しておくケースもあれば、面接をしている時に履歴書や職務経歴書を広げて、それを見ながら質問してくるケースもあります。

もしも、履歴書と職務経歴書を書いた本人が、その内容を失念してしまった場合、矛盾してしまう回答をすると疑念を持たれてしまうこともあるでしょう…。

また面接まで進んだことにより、応募者は「〇〇のハンディがあったのにOKされた」と思い込んでしまうことがありますが、それは大きな間違いでしょう。ハンディはハンディです。その場合は、本人に「そのハンディを補う方法があるのかどうかを確認するために面接をする」と考えられます。

実務の経験がない、転職回数が多い、そういった弱点や欠点をどう補うか、カバーするのかを準備しちぇおくのも面接の基本対策です。




気付かないハンディがないか注意する

自分でも気付かないハンディがあるという場合があります。これは怖いことですがよくあるケースとも言えます。履歴書や職務経歴書にアピールのつもりで書いた内容が不備を感じさせ、マイナスの印象を与えてしまうのです。

例えば、あれこれと脈絡無い所有資格が並んでいることで、興味や関心の対象が分散し、横滑りしていると受け取られ、勤続が難しいのではと思われてしまったり。趣味が残業対応への支障や長期休暇の取得をイメージさせてしまったり。サイドビジネスを懸念させてしまうケースも…。

また、応募する企業によりますが、大きな企業からの転職や必要以上の高学歴、必要以上の高スキルなど、いわゆるオーバースペックを示す記述も、組織対応力や勤続への懸念をもたれてしまうケースもあります。

こういったことが、選考のハンディになってしまうこともあり、本人の自覚がないと、カバートークができず、面接担当者から突っ込む質問への応答もピントが外れたものになってしまうものです。

求人企業の視点に立って、自分が記述した内容をきちんとチェックしてみることを心がけるようにしましょう。

最近は面接側からの質問で「すぐ結婚して退職するのか?」「持病などを持っていますか?」「ひとり暮らしするのか?」といった質問は自粛されていますが、もしも面接担当者からそれぞれに該当するような勤続意志・勤続状況・生活管理などに懸念が抱かれれば、何らかのバリエーション質問が投げかけられてしまうこともあります。

きちんと対応できるように心がけておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする