面接時のファッションについて!

スポンダードリンク

転職活動で面接を受ける際のファッションは、周囲の意見も聞いて危険を回避しよう。

いわゆるリクルートスーツが定番の就職活動とは違い、転職の際は面接時の服装もかなり柔軟といえるでしょう。

アパレル業界ならば「弊社ブランドを上手に着こなしている人は好印象」、マスコミやIR関係の業界ならば「スーツでなくていい」といった場合もあります。その意味では、「面接にふさわしい」と判断できる格好ならばオーケーといえます。

ただし!注意したいのは、服装をふさわしいかどうか判断するのは自分ではんなく、あくまで面接担当者であるという点です。そこを勘違いして落とし穴にはまってしまうなんてことがないようにしましょう。

自分なりの好みやこだわりが、場合によってはマイナス評価になってしまうことも。

例えば、「白いワイシャツがなかったけど、薄いピンク色のシャツなら大丈夫だろう…」と思うときには、やはり白いシャツを準備した方がいいでしょう。

実際のところ「これならセーフだろ」「これなら大丈夫だろう」なんてあらためて思ってしまうのは、自分でも万一の危機を察知して迷っている証拠です。転職の成功を考えるなら、ワイシャツの準備をするぐらいなんてことない手間です。




面接時で第一印象を高評価にしよう

見た目による第一印象のマイナス点は職務能力の評価にも響きます。

周囲の年配の人に服装や髪型などの印象をチェックしてもらうのもひとつ。人間は中身で勝負…と思うならば、面接の数時間は普段のファッションの好みやこだわりを捨てて、面接用の自分を演出したほうが良いでしょう。

面接で好印象を与えるのは「清潔」「健康的」「知的」「誠実」「活動的」の5つです。

髪型は伸びたパーマやカット、寝癖、フケなどは論外です。目にかかる前髪だったら左右に分ける、ロングヘアならば結ぶ。明るい茶色や金髪などの不自然なカラーリングだったら染め直すようにしましょう。

また男性と女性でも好印象か見分けられるポイントが異なります。

男性ならば、顔まわりはヒゲやピアスはNGです。スーツは紺かグレーのビジネススーツに無地の白ワイシャツ。スーツいがいの場合、それに準じた服装で、ネクタイ着用を心がけたいところ。バッグは、大荷物も手ぶらもNGです。シンプルなバッグや書類ケースを持つように。足元はクロの革靴が基本です。

女性ならば、メイクは素顔に自身があってもナチュラルメイクが基本。てらてら光るグロスや濃すぎるルージュ、香水、派手なネイルアートはNG。スカートは、丈が長すぎるともっさりと鈍重なイメージを与え、逆に短すぎると軽薄な印象を与えがちです。足元は、ピンヒールの靴やミュールは避けるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする