採用に繋がる「正しい答え」とはなにか

スポンダードリンク

面接の際に、事前に練習もしており「質問にスムーズに答えたのに不採用だった」、自己PRを求められ「実績を詳細に伝えたのに落ちた」という場合があります。

自分の中ではよく出来た面接だったのに…面接に落ちてしまう。

これは主に面接への誤解から生じるケースが多いです。

面接は志望動機などの決まった口頭試問とは違います。

自分の得意なことだけをアピールしても採用につながりません。

よどみなく答えているだけでも採用されません。また立派な内容の回答だからといって採用されるわけでもありません。

面接質問の回答は、その内容が求人企業の事業やニーズに合っていなければ意味がありません。評価の対象外となってしまいます。

面接で大切なことは「求人企業と応募者がお互いのマッチングを確認する」ものです。

自分の魅力や得意なことを好きにアピールする場所ではありません。

面接担当者の多岐にわたる質問は、応募者が自社にマッチするのかどうかを確認するものです。ですので、質問に対して「マッチします」と示せる回答こそ、採用につながる「正しい答え」です。

つまり、どこの会社でも採用間違いなし…なんて言いきれるような模範回答は面接では存在していないということです。

採用される道筋は、面接担当者から出される質問の意図や狙いをしっかりと把握し、応募先企業に合わせて答える必要があります。




セールトークに慣れてる人ほど注意が必要

自分はトークが苦手だから…なんて心配は無用です。

コミュニケーション能力を求めている企業は多いですが、それは「話がうまい人」が欲しいという意味ではありません。

求められるのは、相手の話に耳を傾けて、気持ちをくんで応答できることこそコミュニケーション能力です。逆に聞き上手な人ほど「正しい答え」を見つけやすいことのほうが多いです。「聞く」「意図を読む」を意識し、落ち着いて面接に臨みましょう。

注意したいのは、むしろセールトークなどに慣れている人の方です。

なぜならば、本人にそのつもりがなかったとしても、立て板に水のごとく冗舌に即答してしまい、面接担当者にから妙に物慣れした印象を与えてしまうことがあります。

たとえ、言葉に詰まろうとも自分の言葉で答えようと必死になっている応募者に比べると、「誠実さに欠けているのではないか?」「人の話を真剣に聞いているのか?」「一方的にまくしたてる人なのではないか?」といった懸念をもたれてしまうことだってあります。

トーク能力そのものよりも、面接では努めて転職にかける真面目な気持ちや、真摯な姿勢を示すようにすることがよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする