全ての面接質問には脈絡がある

スポンダードリンク
質問の意図やねらいを知ることが選考を通過する回答

中途採用の応募者は、職歴や経験内容も様々です。

そのため志望動機ひとつでも確認すべきポイントが異なってきます。

たいていの場合、面接担当者は提出された履歴書や職務経歴書をもとに、応募者ごとに気になる事項や詳細な説明がほしい事項などをチャックし、それが面接質問に反映されます。

だから質問への応答は、「面接担当者が自分の何を気にしているのか」「何を確認したり評価判定しようとしているの」…という意図やねらいを理解することが重要になります。これが分かれば、採用されるための正しい答えを見つけやすくなります。

あらかじめ応募先企業の採用基準などから評価ポイントを調査し、自分のハンディから疑問を抱かれそうなことを洗い出しておけば、質問の意図やねらいがつかみやすくなります。

注意しておきたいんは、ときおり面接質問とは思えない問いかけもあることです。

でも、それを興味本位の質問だと思うのは間違いです。求人企業が面接にかける時間は15~30分です。

その短い時間で面接担当者はひつような質疑応答を完了し、役割として課せられた評価判断をしなくてはいけないかです。選考に関係ないことを聞く余裕はありません。




意図やねらいが見えない質問にも脈絡がある

すべての面接質問は選考上で必要があるものと心に留めておくと、予想外の質問への対応もしやすくなります。

転職面接の評価の中身や判定方法はそれぞれ企業ごとに違いますが、評価分野は以下のように決まっています。

・人物評価

・業務の経験・適性

・会社への適応力

企業によっては、これらを独自の評価表にまとめていたり、複数の面接担当者の採点を集計して賛否判定を行ったりします。具体的な内容や配点は企業ごとに様々ですが…。

ようするに、冗談としか思えないようなふざけた質問が飛び出してきても、応募者にとってイヤに思える質問であっても、ほとんどが採用選考の評価分野のいずれかを判定する必要があって質問しているのです。

なんでこんなことを聞かれるのか…と面接担当者の本音が見えないときは、「人物評価」「業務の経験・適性」「会社への適応力」の脈絡から考えれば、質問の意図やねらいを把握しやすくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする