面接時の評価基準を対策してイメージを下げないように!

スポンダードリンク

書類選考にパスしていよいよ面接。

誰しも採用選考の山場である面接に臨むことは緊張します。

面接の目的を理解することと準備が大切です。

<面接の準備>

転職活動をする上で重視されるのはスキルと経験だけではありません。 「中途採用では即戦力が求められる」…とは、よく聞く言葉でしょ...
転職活動で面接へ進んだとしてもそれだけで喜んでいるだけではNGです。 受け身の面接で転職成功は難しいと言えるでしょう。 ...
面接は五感を働かせて会社を把握する絶好のチャンスでもある。 転職するからには「いい会社」に入りたいものです。 でも、「い...
面接を受ける際で大切なのは、ニーズに合う自分を実績で示すことです。 中途採用をする求人企業には、たいてい具体的な人材イメージがあります...
面接の前に、提出済みの応募書類に目を通そう! 面接準備として忘れてはいけないことは、応募企業に提出した「履歴書」「職務経歴書」...
自分なりの流れを組み立てて面接を受ける。 面接では書類では伝わらない自分の良さを知ってもらうチャンスでもあります。他の応募者と...

面接までの数日…半日でも準備を心がけるだけで大分違います。

面接時の評価基準もしっかり把握し、評価を下げないようにしましょう。




面接で評価を下げない対策

面接担当者も人間です。評価をミスしてしまうこともあります。

よくある評価を下げることを知って防御策を立てることが大事。

印象に気を付ける

一般的に「有名校出身だから優秀」「髪の毛を染めてるから真面目でない」「声が大きいから積極的」「笑顔でハキハキ答えて対人適性がある」といった、通説によるイメージで応募者を評価するというケース。

第一印象をあなどってはいけません。応募先企業や志望職種に合うイメージを考え、服装や立ち振る舞いや声の出し方にも注意が必要です。自分を演出することも大切なのです。

スタートに気を付ける

たとえば、ある質問への回答が遅いことで、業務速度までタイマンだろうと思われてしまったりしてしまう事もあります。

最初のあいさつ屋志望動機の伝え方を十分に検討して、面接のスタート段階でプラス評価のインパクトを与えてしまうようにしましょう。もちろん、言葉づかいにも注意が必要。

会話のやり取りに気を付ける

客観的な基準でなくて、直前の面接者と比べられてしまうこともあります。元気な応募者の次に、慎重な応募者と会うと。能力に目が向かずに「元気がない」「覇気がない」として、話が合う応募者に上の評価をされてしまうことも。

面接は会話のキャッチボールが大切です。まずは、面接担当者の発言に熱心に耳をかたむけ、聞き上手になることです。そして、場のムードを読みとって応答しましょう。

回答に気を付ける

受ける印象にインパクトが無いと「普通」と評価されるてしまうことは多いです。一方で、少しでもといよ思うと大きく評価されたり、ささいなことでも問題があると受け取られることも。

回答は結論から述べるように!要点を絞り、完結に伝えるように心がけましょう。また、問題になりそうなハンディを事前に洗い出しておき、カバートークを用意したいもの。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする