転職活動で心がけたいこと!

スポンダードリンク

転職活動は、周囲に「転職活動します!」なんて宣言する人は少ないでしょう。転活は、孤独なたたかいだと言えます。

誰にも言わずにこっそり行うものですので、困ったり迷ったりすることも多々あります。そして、中途採用者に求められるのは企業によってバラバラ。ひとりでもくもくと取り組んでる人が多いです。

仕事で疲れて帰宅し、夜にネットなどで求人を検索し、書類作りに取り込もなくてはいけません。それで、色々と時間を削って作った応募書類なのに、あっけなく落とされてしまうとかなりへこみますよね。転職活動は、体力的にも精神的にも大変。




転職活動をするなが「在職中」が基本

転職先は在職中に決めるのが原則です。もちろん、忙しくて転職活動をする暇がないというケースもあるでしょうが、在職中に活動するほうがメリットも大きいです。

在職中に転活するメリットは、給与があることでしょう。離職後の転職活動では、定期収入がなくなりので、はやく決めないと、貯金が減って生活が立ちいかない…と、焦りが出てしまいます。

さらに、離職期間が長引けば、「やりたい仕事」「入りたい会社」でなく、「就ける仕事」「入れる会社」に決めることになり、自分の希望と全く違うところへ入社してしまうことに…。

もしも会社を辞めてしまった場合は、退職後の半年以内に転職先を見つけたいところ。マイナス評価にならない失業期間は2~3ヶ月、長くても半年です。それを超えると、企業からの評価も大幅に下げてしまいます。

転職活動は精神的にも体力的にもエネルギーを使うので、あまり長期間に落ちてへこむを繰り返すと持ちません。ですので短期決戦がおすすめ。

サイトとエージェントを使いわける

転職活動をする上で、主な手段は3つでしょう。

1、求人広告(転職サイトなど)

2、人材紹介(転職エージェント)

3、スカウト

それぞれに特徴があり、向き不向きがありので、自分に合った使い分けをしていきましょう。もちろん、両方使う併用も有りです。

求人広告

転職サイトや情報誌などに掲載される募集。こちらの特長は、今までの経験をベースに新たなチャレンジ、はやく転職を決めたい…という方に向いています。

また、企業がこれを使って募集する場合は、掲載費用がかかるので掲載期間が決まっており、企業は費用を回収するために多くの応募者と会おうとしまう。そのため、選考するスピードも早いです。

また、穴場の転職サイトも狙い目です。

無料ですので積極的に登録していくと、思わぬ求人広告に出会えます。

口コミが特徴の「キャリコネ」なんかはおすすめ。



「今すぐ転職する」という人でなくても、現職に不満や不安を持っている場合も。特に同業他社の口コミや年収を見て「転職すべきかどうか」を判断できます。

就職後の定着率94.3%の「ジェイック!」。



20代の若者向けですが、掲載している企業はすべて取材済みというのウリ。就職成功率80%を超えて定着率は90%を超えるてます。失敗しない就職先が見つかります。

人材紹介

転職エージェントを通して紹介される募集。今までのキャリアをフルに活かして同業へ、時間はかかってもじっくりと今までの経験を買ってもらう、年収アップした…という方に向いています。

企業側から見ると、紹介会社のエージェント経由で入社が決まると費用が発生します。期間が決まっていないので、企業側は希望する人材にピッタリはまる応募者に出会うまで、じっくりと選考する特長があります。

未経験でなく、即戦力になる経験者を採用する傾向です。

おすすめの転職エージェントは大手の「マイナビエージェント」。



全国の大手上場企業、人気ベンチャー企業、隠れた優良企業、多くの人事採用担当者との間に太いパイプがあるのが特徴。応募書類の準備から面接対策まで、親身に転職のサポートをしてくれます。

スカウト

転職サイトで「スカウト」されるというサービスもあります。匿名で、自分の職務経歴書などのレジェメを登録して、それを見た企業から応募しないかとオファーを送ってくるというもの。

企業からオファーが届くので、仕事が忙しいとか、求人を探す暇がないといった方に向いてます。また、自分では気づかない過去の経験やスキルが評価されることもあり、想いもしないオファーが来る可能性もあります。

応募チャンスを増やすためにも、色々と活用してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする