書類選考をパスする人と出来ない人

スポンダードリンク

たくさん応募していても、なかなか面接に呼ばれないという場合があります。

書類選考で、企業は大きくわけて3つのタイプに分類します。募集要項の「条件をほぼ完全に満たす人」「条件をそこそこ満たす人」「条件に合致しない人」です。

当然、「条件に合致しない人」は書類選考で落ちるし、「条件をほぼ完全に満たす人」は面接に呼ばれます。ここで注目すべきは「条件をそこそこ満たす人」でしょう。

もしも、企業に時間的な余裕があるなら、「条件をそこそこ満たす人」も優先順位が高い人から面接に呼ばれます。逆に企業に時間的な余裕がなければ、書類選考で落とされてしまいます。

企業が選考に当てられる時間は限られています。そうなると、ある程度条件を満たしている人すべてを面接に呼ぶわけにはいかないでしょう。条件に当てはまる順番に、面接に呼ぶことになり、条件がそこそこ当てはまってても、大多数が書類選考落ちとなってしまいます。




条件にピッタリでなくてもチャンスはある

書類選考をパスするのは、書類の内容だけでなく、企業の事情によるところが大きいのです。ですので、書類選考に落ち続けても悲観しすぎる必要はありません。

つまり、「条件をほぼ完全に満たす人」か「条件をそこそこ満たす人」の中でも上位に入れるように書類をまとめ直して優先順位を上げる工夫が必要なのです。

「条件をそこそこ満たす人」は、スキルや経験はそこそこあるものの、書類でのアピールがいまひとつで、わずかな差で落ちてしまうというケースが多いです。応募先の企業から、そこそこ条件を満たすけど、面接に呼ぶ優先順位は下と判断されないようにすること。

肝心なのは「会ってみたい」と思われるか

また、「条件をほぼ完全に満たす人」でも書類選考に落ちてしまうケースもります。それは、全てが普通というかマニュアル通りで自分の「できること」しか書いてないという応募書類です。

「なぜ転職するのか」「なぜこの会社なのか」「どんな風に仕事をしたいのか」が伝わるような書類が大切です。スキルや経験があり、それをどう活かすのかが見えるようにしましょう。

つまり、企業から「会ってみたい」「話を聞いてみたい」と思わせる書類である必要があり、裏を返せば「条件をそこそこ満たす人」でも、書類次第で面接リストの上位にくることも可能ということ。

条件を多少満たさなくても、面接に呼ばれるには、「この人と会って話を聞いてみたい」と思わせる。すなわち、経験やスキルに加え、「仕事に対するこだわり」「仕事の努力や工夫」「自分の魅力」を書くことで、企業は「会社で働いてるイメージ」を描かせられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする