転職活動で応募する会社の数

スポンダードリンク

転職活動する時、応募する会社の数はどれくらいにしていますか?

なかなか応募しても書類が通らないという人の多くは、応募数が少ないというケースが多いです。転職活動で、応募する人は10社や20社ねんてザラです。多い人は100社なんてことも。

たくさん受けるということは、それだけたくさん落ちるということで、自信をなくすかもしれません。しかし、たくさん落ちるのもイヤだけど、どこにも決まらないのはもっとイヤですよ。

一番大事なことは、内定を得ることです。たくさん応募すれば、それだけ面接に呼んでくれる会社も増えます。そもそも、ちょっとずつ応募する方が、ダメだった時に余計に落ち込むし、効率も悪いです。

1社応募して、結果を待って、落ちたら、また応募先を探し受けて…また落ちて…と、少しずつの繰り返しでは、つらい時間が長引き、精神的にもツライです。

仮に、応募条件に合う企業が少ないから、そんなに応募できないという場合があるかもしれません。それでも、多少条件に合わなくても採用したい、条件にピッタリが絶対でないというケースは多いです。

応募書類というものは、自分自身の広告のようなもの。受ける企業はポスト。ポストに投げ込むのは自由です。少しぐらい条件が合わなくても、応募先を増やしていきましょう。気になる企業が見つかったらガンガン応募する意気込みで。




応募する企業の目安は10社

書類選考の通過率の目安は2割です。そして応募する会社の目安は10社。10社受けて2社書類が通れば、応募書類の内容は大体オーケーと判断できます。それを把握するためにも10社まとめての応募が良いです。

もしも、10社応募してみて、書類選考で全滅だったならば、今の応募書類に何かしらの不備があると考えていいでしょう。改めて見返し、経験やスキルがきちんと説明されてるか。自分の魅力や、仕事に対する努力・工夫がアピールできてるかなど見直しましょう。

<関連記事>

書類選考は通るのに、必ず一次面接で落ちてしまうという人はけっこういるのではないでしょうか。原因が「応募書類」にあるというケースもあります。 ...

そして、再び10社応募するというサイクルを作っていきましょう。

これを繰り返しても書類が通らない場合、それは応募先がズレている可能性が高いです。応募先の再検討も考えてみてください。

自分の中で軸ができる

10社応募し2社書類が通るようにする、それを繰り返すと、だんだんと自分の軸ができてきます。応募すればするほど、自分の中の軸を見つけられるはず。

大事なことは動くこと。応募をたくさんし、色んな会社に出会い、自分に合う会社を見つけましょう。

応募を続ければ、「どの企業はダメ」「どの企業なら面接に呼ばれる」というなんとなくですが、自分のレベルが分かってきます。面接の機会が得られれば、会社の雰囲気や仕事内容もより詳しく分かります。

書類選考が通った企業の求人広告を読み返し、どんな人材を求めているのか分析し、自分の市場価値を把握しましょう。

自分の「市場価値」を見つけよう

転職活動は、やればやるほど自分の「市場価値」が見えてきます。

もちろん、たくさん応募して自分で何となく把握するという手もありますし、「MIIDAS」というサービスを使えば自分の市場価値がすぐに分かります。無料ですので、是非試してみてください。




簡単なプロフィールや職歴を入れるだけですぐに出来ます。

自分の市場価値が分かって便利なだけでなく、面接確約済みのオファーが届くので、書類選考合格済みです。

まとめ

・応募の目安は10社

・しっかりと自分の軸をつくること。

・自分の市場価値を把握する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする